2014年12月28日日曜日

2014年12月28日 文殊山(365m):福井県

2014.12.28    晴  1人
貴重な晴れの日、せめて日野山にでも行きたいところだが、散歩の時間しかない。今年の最後の散歩と出かけて来ました。駐車場には車がざっと35台くらい、冷え込んだので霧氷のように白く木々がお化粧してました。ピンのついた長靴でノンストップで奥の院まで行き、引き返して頂上で白山をながめて下山。沢山の人とすれ違いましたが、最近は若い方や、トレイルランの人が増えてます。今年はこの山に何回お世話になったか覚えてないが、また来年もよろしくね。


福井市内   この穏やかな景色がいつまでも続きますように。

2014年12月21日日曜日

2014年12月21日 鬼ガ岳(532.6m):福井県越前市

2014.12.21   曇り時々雪    11名

今年は一カ月早く冬がやって来た。
11月も山の会に参加出来ず、12月は悪天候ばかりで、結局、今日もあまり良い天気ではなさそうだが、最後に忘年会?納会?をと小屋のあるこの山にやって来ました。のんびり9時に登山口に集合、こんな日でも車は沢山停まっていて約10台あまりはありそうです。雲の流れを見ながら、丁度しばらく降りそうに無い頃を見計らってスタート。木々からポタポタと水滴が落ちるので雨具を着てましたが、そのうち晴れ間も見え暑くてたまらず脱いで頂上に。
今日は豚野菜鍋と言う事で、まだ時間は早いのだけど宴会の始まりです。そのうち金沢からと言うグループ約7名?も宴会を始め、小屋の中は他の方々も入れて20名前後で賑やかです。
壁に張り紙があり、あの細丸氏がお亡くなりになっていました。毎日毎日頑張ってらしたのに。
会は旧メンバーだった方の復帰や、若い方の入会もあり、賑やかになっていました。あまり参加出来無かったけど、皆さん来年もよろしくね。

2014年11月7日金曜日

2014年11月5日 浄法寺山(1,052.8m)~南丈競山(1,045m):福井県

2014年11月5日 晴れ 2名
福井(7:20)・・・清水小場(8:30)・・・冠岳(9:24)・・・浄法寺山(10:15)・・・南丈競山(10:45)~(11:40)・・・浄法寺山(12:07~15)・・・冠岳(12:55)・・・管理事務所(13:45)
11月に入ってすぐの三連休は雨模様で、翌日の火曜は一日中快晴の素晴らしいお天気でした。白山や別山などが冠雪したのが見られ、山はすっかり冬支度です。
近くてすぐ行ける山と言うことで、浄法寺の集落から林道を上がり清水小場から登って来ました。ここ何年かの間は竹田のじょんころ広場から周遊してばかりいたので、こちらからは私は久しぶりです。こんなに急登だったかなと冠岳までは時間がかかってしまいました。冠までは風が全く無くて汗が出て暑い! NHKなどでは紅葉情報で見ごろ等と出てましたが、もう終わりかけです。冠岳の頂上で、敦賀からいらしたという男性ががっかりしていました。
冠岳山頂から浄法寺山を臨む

ツルリンドウの実がとても可愛いんです

ブナもすっかり葉を落として・・・でも青空が♪
冠岳からは稜線歩きで少し楽ちんです。
今日は京の宮と二人きり、私に合わせて歩いてもらいます。
浄法寺山の頂上に着くと、白山や別山の雪が昨日とは少し溶けたようでまだらになってます。少し休んでから南丈競山まで足を延ばします。
この間の稜線歩きはいつもながら気持ち良いコースです。
白山~別山~三ノ峰

荒島岳


南丈競山


歩いてきた稜線
 小屋の前で昼食をと次々と登山者が登って来ます。
平日なのに多いのには驚きました。暖かいのでゆっくりした後は、又元のコースで浄法寺山に戻ると、丸岡山の会の方が昼食中で、これから少しずつ荷揚げをして
南丈競山の避難小屋の修理をしていく計画だと話されてました。
頭の下がる事です。

ところどころなごりの紅葉がなごませてくれます


帰りはツツジが原コースで下山

山もずっとこんな道を歩くんだったら何時間でもOKなのにねと・・・・

そんなわけには行かず大きな岩の続く急坂を降りて来ます
黒岩の壁を眺めながらしし岩を降りてバンガロー等の並ぶ旅行村を抜けると終わり、管理事務所で登山届のノートに時刻を書き込んでいると、皆さんあれ以来まじめに書くと見えて、だいたい山中で会った方々の数はあったように思えます。
中には大阪・姫路という住所もあり、こんな山にも県外の方が見えるんですねえ。

2014年10月26日日曜日

2014年10月19日 三ノ峰 (2,128m):福井県大野市

2014.10.19(日) 快晴 4名
今日は絶好の山日和、女性ばかり4名で出掛けて来ました。6時に福井を出て上小池の駐車場に着くと、もうすでに車はかなりの量です。刈り込み池に行く方も多いのかな?
今年の紅葉は今ひとつなのか、終わりがけなのか、六本檜辺りまでで色付きは終わり。尾根に出ると風が気持ち良く青空が眩しい程です。
途中霜柱が立ってるのが見られ、ダケカンバはすっかり葉を落としていました。
沢山の登山者で熊の心配も無く、追い越したり追い抜いたりしながらやっと避難小屋に3時間半かかって到着。いつもながら私にはきつい山です。
ザックを置いて頂上に向かう。御嶽山からは噴煙が見え、犠牲者の方々の御冥福をお祈りしました。別山が大きく今日は来ないの?と招いてましたが、今回は時間が足りない~_~;  ずっと前に岐阜県側から銚子~一ノ峰~二ノ峰と歩いてきた時もあったのに・・・。最近根気が無くなってる?
それにせっかく記念写真や御嶽山の写真など沢山撮ったのに、ナント‼︎パソコンに取り込む時に誤って全部削除してしまった。あー(≧∇≦)  仕方ないのでたった2枚だけスマホで撮ったのがあったので使う事に。
この写真ではわかりませんが、もう少し前までは3本の水蒸気の上る様が見えてました。

                     別山 三ノ峰の頂上から   頂上付近の笹の根元には雪が少し残ってました。もうすぐ白山の初冠雪の季節ですね。
帰りも休み休み下山、2時間20分程で駐車場に着くと、小屋のお掃除の為に頑張って下さった銀杏峰の主の岡田氏とバッタリ!もっと早朝に出て別山まで行かなくちゃと言われてしまいました。すみません一名軟弱者がいて〜~_~;              でも楽しい一日でした。


2014年9月24日水曜日

2014年9月21日 経ヶ岳(1,625.2m):福井県

2014.9.21 晴れ 2名
福井(6:30)・・・駐車場(7:50)・・・保月山(8:40)・・・切窓(9:50)・・・頂上(10:30)
(11:20)・・・(11:54)中岳(12:15)・・・保月山(12:58)・・・登山口(13:40)
                      ( 休憩時間を含みます )
今年は秋の訪れが早い。朝晩涼しくて気持ちの良い晴天が続いているので、日曜なら登山者も多く熊の心配も無いだろうと京の宮と二人で出かけて来ました。
大野市内を抜け南六呂師を目ざし何とか広域基幹林道の入り口に入ろうとすると、何と工事中の立て看板とゲートが! 鎖がかかっているわけでも無いし、今日は工事はしていないだろうけどこの先1キロ~7キロ地点で通り抜けれないと書いてある。
迷っていると車が一台、上から降りてきてゲートを開けて出てくるではないか、早速上には通行可能か聞くと何の問題もないとの事で一安心、展望台のある駐車場に着くともう5台ばかり先客があり、団体さんが準備を終えたところみたいです。
これでもう熊の心配は無いかもと二人ほっとして準備開始♪
展望台から 大野盆地と左は荒島岳


アダムとイヴの木  10名のグループをここで追い越して
 今日は朝の気温は低めで空気はヒヤッとしているのですが、全く風が無く暑い!
京の宮には私に合わせてゆっくり歩いてもらう。時々単独の若い男性が追い越して行く。保月山で休憩、冷たい梨をいただき生き返る気分。
ナナカマドの実が赤くなって
牛岩   
      杓子岳を過ぎると笹原の気持ちの良いコースが・・・
 
 
空は青いし、足元にはリンドウの花がポッと咲いて可愛いし、この山の一番気持ちの良いところでしょうか。
  普通どこの山でも見られるオヤマリンドウではなく、背丈はそんなに高くなくて花は大きめ、調べてもわからない。
    切窓で甘いものを食べて、さあ最後の急登です。相変わらず歩きにくい登山道ですが、京の宮はぐいぐいと進んでいきます。
 
  頂上から白山や別山、三の峰、手前の赤兎山の小屋も見えます。
ラーメンやずんだ餅など食べ終わる頃、10名のグループが到着。福井新聞のぷりんに時々山行の案内が載っている荒川さん達とわかりました。
お話を聞くと季節季節の楽しみを入れた面白い山行をなさっているようです。
私たちも体力的に合格をいただきいつでもどうぞと言う感じ、年齢も中高年ばかりで安心でした。
頂上でお昼寝がいつものパターンですが、今日は大勢いらっしゃるのでどこか下でと下山することに。どんどん上がって来る方があり、この晴天、みなさんじっとしていられないですね。するとお子さんを背負った男性と奥さん、お子さんの体重は17Kとか。何歳くらいなのでしょうか最後の急登は大変ですね。 途中までは歩かせたのでしょうか・・・?  結局、私たちは中岳で15分ほどお昼寝タイム~いい気持ち♪
沢山のアキアカネが空を舞っています。
保月山でまた休憩してから無事登山口に。楽しい一日となりました。

2014年9月4日木曜日

2014年9月2日 白山南竜~天池

2014年9月2日 晴れのち曇り 5名
福井(5:00)・・・別当出合(7:10)・・・南竜(9:40)・・・天池(11:15)
(12:10)・・・(13:10)南竜(13:20)・・・別当出合(15:00) (休憩時間を含みます)

今年の夏は天候不順、忙しいお盆が終わってもすっきりした日は無く、結局やっと一か月ぶりに白山にでもと・・・。初めは大汝山にでもと言うつもりが天池までとなった。相変わらず登山者の車は多く、皆さん待ち焦がれていましたね。
気温は低くなっているのだろうが、風が全く無くて汗がひかない。
甚ノ助避難小屋から   この辺りはまだお天気が良く期待してたのです。
     アキノキリンソウ、ハクサンフウロやトリカブト等はまだ頑張ってます。                
 
 
南竜ヶ馬場ではイワイチョウの葉の黄葉が始まっていました。
 
ここからグンと下って赤谷で水分補給、長く手を付けていられないほど冷たく美味しい水です。辛い油坂の登りが始まります。ところどころ夏の花々が残っていて楽しませてくれますが、今日は元気が出ない(-_-;)  おまけにデジカメを忘れて来てしまっている! スマホで代用するが、写すたびに手袋はずし、暗証番号入れてで面倒な事。ただでさえ足が遅く遅れ気味なのにますます間が開いてしまうので、もうゆっくりマイペースで行く事にする。
                     シナノオトギリ

シモツケソウ 
      振り返って見るが、白山頂上方面はガスの中。途中ベニバナイチゴが真っ赤になって食べごろのものもあり、ちょっと頂いてみる。

手前を越えれば天池、別山は奥の峰を越えてまだまだ行かなくては着かない。
ここもガスが出てきて結局姿を現さず。
今日のスターはこのお花、タカネマツムシソウ

 やっと天池に到着、もう昼食会は始まってます。花は無いように見えますが、直径2センチもあるかないかの可愛いミヤマリンドウが沢山咲いていました。

池の中にはクロサンショウウオが

ミヤマダイモンジソウ

                         ミヤマリンドウ

ヤマハハコ

たった一本だけ晩生のニッコウキスゲが

ハクサンボウフウやシシウド?等の白い花の間にハクサンフウロやカライトソウ、シモツケソウなどの濃いピンクの花々も残っていて綺麗でした。
イワショウブ
南竜が馬場に戻って来てもガスはどんどん上がってきて上は見えない。
足元にはイワショウブやオヤマリンドウが咲いてました。
ほとんど他の登山者と出会わない静かなコースでした。
南竜の小屋と甚ノ助の小屋で休んで下山、下りも皆さん早くて大変でした。
勝山の「みずばしょう」のお風呂で汗を流して帰福、お疲れ様でした。

2014年8月14日木曜日

2014年8月4~5日 五色ヶ原:富山県


曇り 5名
4日 福井(4:30)・・・立山室堂(9:20)・・・一ノ越(10:10)・・・竜王岳・・・鬼岳鞍部(11:15)・・・獅子岳(12:20)・・・ザラ峠(13:30)・・・五色が原山荘(14:10)
                         (休憩、食事時間を含みます)
今年の暑い夏は楽して高所からスタートの五色ヶ原と決定、これならYちゃんでも大丈夫でしょう。以前秋に行ったことがあるが夏は初めてなので嬉しい♪
夏休み中だが平日とあってケーブルもバスもすいすいと乗り継げて室堂に到着。
まず一ノ越に向けて歩き出す。
           まだ残雪があります。
      一ノ越(2.705M)から見る室堂。富山市内も富山湾も見えるが雲が低い。
          多くの人は雄山に向かうが私たちはまず龍王岳(2.872M)に 
  龍王岳の西側の山腹を巻いて鬼岳(2.750M)の鞍部に向かう道中は高山植物と美しい岩尾根が続きます。太陽に照らされず涼しくて大汗もかきません。

 ハクサンフウロ、ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、ハクサンイチゲ、イワツメグサ、ヨツバシオガマ、クルマユリ、ハクサンチドリ、シナノオトギリ、ミヤマダイコンソウ、エゾシオガマ、コガネギク、ゴゼンタチバナ、ツマトリソウ、イワイチョウ、アオノツガザクラ、トリカブト等々
種類は多かったですが、花の量としては今年は少なめ?今から?
          鬼岳の手前、頂上は通らず東面をまいて行きます。
        雪渓は切って下さってあるので安心して通れます。

振り返ると歩いて来たコースが見えます
                       ウサギギク

            黒部湖が見えます
                 タテヤマリンドウ

       獅子岳頂上から五色が原が見えてきました。ここから一気に400Mザラ峠
       まで下ります。


クロユリ
          イワギキョウ
            トウヤクリンドウ
             ザラ峠(2.348M)が見えてきました。
             五色ヶ原  鷲岳と鳶山の向こうに薬師岳が少し~
           オタカラコウと  
           ザラ峠からまた登りかえして五色ヶ原(約2.500M)に
                           ミヤマコゴメグサ
                            ハクサンイチゲ
          木道の向こうは今夜の宿 五色ヶ原山荘
ハクサンコザクラが可愛い!

8月5日  五色ヶ原山荘(5:50)・・・ザラ峠(6:20)・・・獅子岳(7:25)・・・龍王岳(9:20)・・・浄土山・・・室堂(10:20)・・・立山駅・・・福井
         (休憩時間を含みます)
昨夜は雨の音も聞こえましたが6時前は晴れ間も。日数と体力があればここから薬師岳まで行けるのでしょうが・・・
          池塘とお花畑の広がる五色ヶ原  広くて気持ちの良いところ

ガスが吹き上がって来ます。お蔭で涼しく楽に歩けました。でもザラ峠の登りかえしは辛い!ゆっくりゆっくりでしたが結局、私達より早く出たであろう約25~6名を追い越して行くうちに、五色に向かう方々と会うようになります。
               お気をつけて行ってらっしゃい~


浄土山辺りはガスの中、今日は遠望を得れなくて残念!ここは初めての先行く二人には見せてあげたかった!
浄土山からの下りは急でした。室堂が見えてくる辺りからは緩やかになります。剣岳が 少し見えていた時もありましたが・・・。今日は下界は高岡や金沢で37度だったとか。涼しい夏休みは終わりました。忙しいお盆がやってくる~
平日とあってスムーズにお昼前には駐車場に戻れました。亀谷温泉の白樺ハイツで昼食とお風呂をいただき帰途につきました。皆さんありがとう