2015年12月22日火曜日

2015年12月20日 鬼ヶ岳で忘年会

2015年12月20日 快晴 10名

毎年恒例になった山小屋で忘年会、今年も結局鬼ヶ岳に決まりました。
福井を9時に出て車を走らせていると・・・??お~!Sさんが走って山に向かっている。
今日は一体どこから走り出したのかしら、もしかして自宅の春江から?
わたし達は車を駐車場にやっと停めましたが、すごい登山者なのか周り中満杯です。
半分ほど歩いたところで駆け上がってきたSさん、誰かの重いザックを背負ってさーーっと登って行ってしまいました。あの人の心臓はどうなっているんでしょう?
日本海から白山頂上とか日本海から立山山頂とかを軽くこなす方だから、散歩にもならないのかもしれない。
途中の登山道は綺麗に手入れされ登り易くなってましたし、小鬼、大鬼辺りの休憩場所ではお休み処まで作られてました。
朝冷え込んだけれど真っ青な空に暖かな日差しで少し汗ばんで山頂に着きました。

頂上には雪が少し残っていて、宴会するには無理そうなので、小屋の中に入ると、これまたテーブルや椅子が作られていて、奥にはビニールで仕切られストーブまでセットされたコーナーまで出来ていました。何時も着替えの時に使わせて貰う荷物置き場の小屋にはセンサーライトまで付けてあり、有難い事です。感謝してテーブルなど使わせてもらって、豚野菜なべを作りワイワイと楽しい忘年会でした。
        白山と越前市
     泊まっても寒くなさそう?


2015年12月12日土曜日

野坂岳(913.5M) 福井県敦賀市

2015年12月7日快晴5名

福井・・・鯖江(8:00)・・・野坂いこいの森キャンプ場(9:00)・・・(10:40)頂上(11:50)
   ・・・キャンプ場(12時50分)···365温泉···鯖江(4時00分)···福井

久しぶりに山の会に参加、今日は冷え込んだが素晴らしい晴天です。
野坂岳も皆さんは年に一回は来ていると言うが、私は覚えていない程前に登ったきり、久しぶりです。10台以上の車がもう停まっていて、歩き出すと早くも次々と降りて来る方々。口々に今日は最高の天気で白山が綺麗だと言って行かれる。
杉林を抜けると、成る程ーー敦賀市内と奥に白山が白く光ってる。風は冷たく気持ちいい♩
葉を落とした木々は冬の柔らかい日差しを通して明るく、見通しも良くこの時期ならではの気持ち良さです。
一の岳〜三の岳と過ぎて頂上に。
360度の展望!寒くて小屋の中で昼食かと思ったが、案外風も大した事無く頂上でランチタイム。
リトアニアから留学して来ていると言う男性としばらく会話にならぬ単語の羅列・・・?でお話しました。母国では最高でも300Mくらいの山しかなく全くフラットなのだそうです。
ここは三倍もあると嬉しそう(^_^)v   少ない私の英語の引き出しは失われつつあるのと、わずかの中からも引き出して来れずもどかしい・・・(-_-;)
琵琶湖も光ってる。若狭湾もスッキリ見えて気持ちの良い1日でした。
整備された道が多く、きっと毎日散歩気分で登られる人も多いのでしょ。
下りている間もどんどん登って来られました。帰りは木の芽トンネルを抜け、365スキー場のお風呂に入り帰福。スキー場では、人口降雪機で貯めた雪のやまが幾つか並んでましたが、何時までもつか〜。

2015年10月27日火曜日

富士写ヶ岳〜小倉谷山〜火燈山

 2015年10 月26日  晴れ  2名
福井(7:00)---大内コース登山口(7:40)---富士写ヶ岳山頂(9:08〜 15)---小倉谷山(10:30)---(10:49)日燈山(11:10)---登山口(12:00)

秋晴れが続く10月、夕方用が有るとの事で近くでトレーニングのつもりでと竹田に向かって行くと、今日は冷え込んだらしく道路脇の温度計は4度。
大内コースの駐車場には誰もまだいない。鈴を沢山リンリン、ジャラジャラ
言わせて急登を行きます。苔むした岩と張り出した根っこと赤土で滑る事!
木々の色づきは余り良くない、葉先が赤茶けているのが多い。
展望のきく尾根から眺める坂井平野、今日は海岸線も波も分かるほどです。
富士写の頂上には誰もいない。白山から奥越の山々もスッキリみえてます。
甘い物食べて一休み、それにしても時間があると言う事で、引き返さず不惑新道を回る事にしました。春、シャクナゲの時節には良く来ますが、私は秋は初めてです。小倉谷までは一旦下りが続いて、もうこのくらいでと思う程下った後登り返しが始まります。こちら側は急斜面にはロープが付けてあり助かります。
      ブナの林の中を下っていきます。
    紅葉は今一ですが、たまに綺麗なところもあります。今日はそれより青空と澄んだ空気が何よりの御馳走ですね。
     何を勘違いしたか一株だけトクワカソウが咲いてました。
      振り返って中間のピーク
何度かアップダウンを繰り返さないと小倉谷山には着きません。

     やっと小倉谷山に到着!
今度は又、どんどんと下りが続きます。
        ブナ林は大好き
やっと火燈山から降りて来る男性1人に会いました。今日は出会ったのはこの方お一人だけでした。
少し登り返して火燈山に到着。

気温が上って来て、何も羽織らなくても良いくらいです。軽く昼食を取り下山開始。
       たまに綺麗に色づいてるのがあります。
       本当に綺麗な青空でした
登山口の神社や広場のある所に正午に着いて、まだ時間はたっぷり、気持ちの良い山歩きが出来ました。大内コースの駐車場まで戻り、何時ものごとく、途中でお豆腐ソフトクリームを食べて帰福。素晴らしいトレーニングでした(^_^)  有難う









2015年10月26日月曜日

刈込み池 福井県大野市

10 月19日 晴れ 2名
10月に入って好天が続く。たまには一緒にいかがと主人を誘い紅葉見物に出掛けて来ました。毎年凄い訪問者で、車が入れるか心配しなくてはいけないらしい。と言う事で、平日に主人には頑張って早起きしてもらい、七時過ぎに福井を出て上小池に向かう。
途中の色づきはまあまあかな。
上小池の公園や周りはもう車で一杯、ここから歩き出している方々も沢山だったが、先に行けるとの事で何とか最後の駐車場のほん手前に停める事が出来て一安心。
何時も私達は林道を進んでから登り池に向かっていますが、すぐの階段の登山道に入って行く人も多い。
池の周りのブナなど色づいてます。
テーブルなどのある場所からはこんな感じ。落ち葉が邪魔してます。それでもう少し左奥の高い所からだと
風が無くいい日でしたので、池は鏡面のごとく、誰でもそれなりに綺麗に撮れたのでは?
帰りは階段の登山道を下り始めると、切れる事無くどんどんと上ってみえます。途中辛くなってダウンしてる方もあり、ここを登って来るのは普段山歩きしていない方にはちよっと大変なのでは・・・
駐車場に戻ると、林道脇に停められた車がずーっとずーっと続いていて驚き!県外ナンバーも多く人気なんですね〜

2015年10月11日日曜日

 白山(2702.2M) 石川県

2015年10月10日(土) 曇り 2名

市ノ瀬~別当出合~南竜~展望コース~室堂~観光新道~別当出合~市ノ瀬

今日はJちゃんと二人でのんびりと歩いて来ようと紅葉見学に出かけて来ました。
何と私は今年初めて!いつも最低でも3回くらいは来てるのに。
三連休だからかマイカー規制で、市ノ瀬からバスで別当出合へ。相変わらずの人気の山で県外ナンバーの車も多くて、バスは満員です。
別当覗きからの観光新道の尾根 紅葉はもう終わりがけ?

登山道はずっと登山者で、甚ノ助避難小屋では大勢が休憩中
甚ノ助小屋から別山  
天気予報では晴れてくるはずなのに一向に青空が広がらない。
分岐からほとんどの登山者は黒ぼこ岩方面に、私たちは南竜に向かいます。
風が冷たく強いのでそんなに汗をかかなくて良いが、もう少し晴れて欲しい~
      南竜が馬場の下の谷合はまだ紅葉が綺麗です


       展望コースから振り返ると
  
        アルプス展望台から平瀬道  こちらの方が綺麗です  

北アルプスも良く見えてました。白水湖はいつみてもコバルトブルー
      チングルマの葉が赤くなってまだ残ってました

      白山奥ノ院は綺麗になってました
あまりに寒いので大勢の登山者はセンターのか建物の周りにへばりついて休憩、私達も風の来ない所でランチタイム。10月でこんなに寒いのは初めて、手がかじかんできてしまう。
ガスに手をかざしてしまうくらい寒い。お昼寝どころではなく、下山する事にしました。
まだまだ登ってくる方も多く、晴れたらいいのですが、太陽は出ていても薄い雲ごしの光では紅葉も今一つ冴えなくて残念!!
      草紅葉  ミヤマダイコンソウの葉かな?

殿ヶ池避難小屋も新しく建設されてました。
上は寒かったので、ここでいつものお昼寝タイムにしようと思い戸を開けて入ってみると、男性登山者が何人も休憩中でその雰囲気では無く、あきらめて外のベンチでのんびり・・・
観光新道からの紅葉の眺めはなかなか良くて、こちらを選んで正解でした。

       オヤマリンドウ

      慶松平  本当はもっと綺麗な色でしたが、かすんでしか映りませんでした

     紅葉は1.500M前後くらいが見頃でしょうか。南竜の小屋の方のお話では爆弾低気圧の
風雨で一気にダメになってしまったとの事です。まだ十分紅葉していない葉が縮れたりして赤茶けて汚くなってるのが多いです。

      それでも残っている所もあり十分楽しませてくれました

       カエデの葉のグラデェション





二人でのんびりと気ままに歩いて癒されました。
又、来年来るからねとお別れして下山終了。運よくすぐバスに乗れて市ノ瀬に到着。
まだまだ沢山の車が残っており、明日少しでもお天気が良いといいですね。
日暮れが早いので温泉ににも寄らずすぐ帰福、Jちゃん今日一日どうも有り難うm(__)m
皆に感謝、感謝です。

2015年9月25日金曜日

唐松岳(2.696.4M)~五竜岳(2.814M)  長野県白馬

2015年9月21~22日 4名

1日目 福井(4:00)…糸魚川I.C…白馬八方駅駐車場(8:00)…ゴンドラアダムス…兎平駅…
     黒菱平…八方池山荘(8:40)…八方池(9:30)…丸山…唐松岳頂上山荘(11:50)
     山荘(12:40)…(13:00)唐松岳頂上(13:50)…山荘(14:05)

今年はシルバーウイークなるものがあって5連休にもなるとか。一か月に一回の登山では体力維持もあやしいYちゃんですが、お仲間に入れてもらいました。
それで我々シルバー世代も動かなくてはと、Y女史+いつものトリオ、Jちゃんと京の宮と
私で計4名は、まだ暗い早朝に福井を経ち一路白馬に向けて出発!
さすがに高速道路もいつもより混んでいる。
まだ早かったのか順調にゴンドラやリフトに乗り継げて八方池山荘をスタート。
ここからはほとんど人の波が続き、自分のペースでは無く後を着いて行くのみ。
    本当なら白馬連峰が目の前なんだけど、ガスが上がって来て残念!!


  八方池  夏なら雪渓と岩とハイマツのコントラストが美しい白馬の山々が写るんだけど・・・

   観光客は丸山辺りまで多いのかな~,私達も丸山に向けて歩き出す。

 なるほど、沢山の人が休んでいた。ここで簡単に昼食をとり山荘を目指す。

   途中登山道左手下の雪渓を楽しむ登山者たち

  2千メートル前くらいから紅葉が見られ、草紅葉も始まっている。チングルマの綿毛があちこちに

時々ガスが切れると唐松岳と右手に不帰嶮が姿を見せてくれます。




  
   唐松岳頂上山荘  とにかく沢山の登山者です。宿泊の手続きをすませザックなど置いてから頂上を往復する事にしました。

                      頂上にて
唐松岳山頂へは意外と近く20分もすれば到着。風もあり寒いのですが、何とかガスが消えないかと粘っていましたが、残念ながら展望は叶わず。明日に期待しましょう。

唐松岳 小屋の前の斜面にテントが張り付いています。

2日目 唐松岳頂上山荘(5:20)…日の出(5:35)…(7:50)五竜山荘(8:00)…(8:55)五竜岳
     (9:10)…(9:50)山荘((10:40)…大遠見山…中遠見山…二ノ背(13:34)…リフト駅
     (14:20)…アルプス平駅(14:40)…とおみ駅…八方駅…八方温泉…福井(21:00)  

今日は私にとってはロングコース、朝4時半の食事をすませ準備開始!
小屋の外に出るとご来光を拝むべく唐松の頂上や裏手の小高くなったところに沢山の人です。
雲海がとても綺麗に広がり、明るくなりかけた東の空がオレンジ色に染まりかけるとご来光は始まります。私たちは小屋から少し歩き出した地点で待っていました。


朝日を受けながらこれから向かう五竜岳への稜線へ、右手には立山連峰も


   今日はなんと素晴らしい日でしょう!!


  五竜岳は男性的ですねえ。大黒岳~最低鞍部~白岳とアップダウンが続きます。
 鎖場やガレ場もあり慎重に通過、どんどん五竜の大きな山容が近づいてきて嬉しくなる天候で す。遠見尾根分岐から少し下ると赤い屋根の山荘がやっと見えて来ました。

   小屋の脇の棚にザックを置かせてもらってさあ!三人で頂上を往復です。
 まだ到着していないY女史は小屋で待っているとの事です。
 ここも鎖やガレ場があり要注意ですが、大したことは無く無事山頂に立ちました。

   中央の岩峰が頂上  小屋の前から

昨日の八方尾根から唐松岳と五竜までの稜線がしっかり見えてます

   もうすぐ山頂です。360度眺めは最高♪♪ 

      双耳峰の鹿島槍ヶ岳 (五竜山頂より)

   小屋までのルートが良く見えます。ルンルン気分で下山

                  小屋の前で満足な3人です
小屋に戻るとザックにメモが・・・Y女史は先に遠見尾根を下っているとの事。
私たちはお水を買い、カップラーメン等作って昼食タイム。一緒に座ったご夫婦や若い男性と話が弾み、気持ちの良いお天気と展望の下で至福のひととき。
でもどなたもこれからの遠見尾根についてただただ「長~いですよ」の同じ言葉・・・
覚悟がいりそう~。いつまでものんびりしていられないのでさあ!下山開始。


 小屋の上、白岳から派生する尾根が長 ~い遠見尾根
小屋からまず白岳に登り右に折れて急坂を下って行く。

    さようなら 名残惜しいなあ

   右手の急坂を下って来ました。
      荒々しい山容と雪渓と紅葉
       西遠見の池


  長~いとはただダラダラと長く下るだけかと思ったらアップダウンがいくつもある。
 もう足がすっかり疲れている所にまた登り? これで最後で左手にアルプス平に続く尾根かと思いきや、重なって見えただけでもう一つ下って登り返し~~~

   小遠見山から一ノ背髪、見返り坂・・・まだつづく~

やっと地蔵の頭の下の木道脇のベンチで待つY女史と合流、ここで一休みしてからリフトの脇を抜けお花畑を見ながらアルプス平駅まで下り、白馬五竜テレキャビンで麓に。
お待ちかねのソフトクリームを食べてから、タクシーで八方駅の駐車場に戻り白馬八方温泉郷の湯(600円)で汗を流し帰福。
長い一日でしたが、気分は最高、満足な山行が出来ました。感謝!感謝!
今回も皆さんに付いていけて元気に歩けました。さすが翌日は足の筋肉痛や張りがありましたが大丈夫♪ パソコンもイクスプローラでなくクロームから立ち上げてやると画像もアップされてO.K
良かった~! まだ書き込みの欄がおかしいけど。