2015年4月29日水曜日

2015年04月27日 富士写ヶ岳(941.9m)〜火燈山 (803m):石川県山中


快晴  2名
福井《6:00)ー不惑新道側駐車場ー大内コース登山口(7:15)ー富士写ヶ岳頂上(8:50)ー(9:00)ー
小倉谷山(10:30) ー昼食ー火燈山(11:20)ーお昼寝タイムー登山口(12: 45)


夏日が3日も続く乾燥した毎日、山菜採りでいささか疲れ気味だけど、久しぶりに歩いてみたく昨年と同じ日にやって来ました。シャクナゲは昨年のあまりの豪華な咲きっぷりに、今年は裏年間違いなく期待はしていない。
落ち葉がカラカラに乾いて、ヤブツバキの群生地の中、両側足元にはトクワカソウ、新緑のトンネルを進み見晴らしの良い尾根に出ると少しずつですが、シャクナゲが。



これから向かう小倉谷山方面、歩けるかなぁ?
珍しく富士写ヶ頂上には誰もいない。白山などはうっすらと臨める程度。
暫く休みおやつタイムの後は不惑新道へ。こんなに降りなくてもと思う程のロープの付いた下りです。残雪のある谷から上がる風のある所では少しホットしますが、今日はとにかく暑い!
地面からさえ熱気を感じる夏と一緒。
思い出したようにシャクナゲがパラパラ咲く感じですが、タムシバが全盛期で緑と青空に映えて本当にこの白さは格別です。


白と言えばピンクのトクワカソウの中に白いのがありました。


アップダウンを繰り返してなんとか小倉谷山(910.6M)に到着。火燈山が見えて来ましたが、頂上は暑いだろうから途中の木の下で昼食をとりひと休み。
最後のひと登りで火燈山に着くと、ご夫婦が食事中。今日は登山者は少なく結局出会ったのは単独の男性2人とご夫婦2組のみでした。


まだ時間があるので、少し下ったブナ林のそばでお昼寝タイム^_^
こんな場所で本一冊持って来てのんびり過ごせたら気持ちいいでしょうね。
汗もひいて身体がスッキリした感じ。
ゆっくりした後はせっせせっせと下り大内峠の祠のある所に着き右手に暫く下ると神社と広場、朝車を置いた駐車場です。長く歩いていなかったので心配でしたが、何とか歩き通せて安心しました。京の宮さん有難う!
帰りは谷口屋さんで豆乳ソフトクリームを食べてここで別れて、私は老親の元へ。
満足な一日でした。

2015年4月21日火曜日

2015年04月19日 野見ヶ岳(678m):福井県南越前町

2015年4月19日 曇りのち雨 10名


丸々2か月余り山から遠ざかっていた。
3月中は変な風邪で、そのあとは老親のことで行かれず好きな雪山を楽しむことなく春になってしまった(-_-;) やっとやっとの思いで参加したのに、結局は天候に恵まれず予定の山には行けず、小屋のある野見ヶ岳を散歩して終わりと言う事に・・・・
予報では曇りが晴れになり喜んでいたら、午後から雨とのこと。
それが午前中からもう雨が降り出す始末、今年はついてないなあ。
ウオタ―ランド南条を過ぎ下牧谷集落を過ぎて林道を登って行くと、峠に着く。
ここにはログハウスがあり、峠を下れば池田町魚見に出られる。
車を置いて私は傘を1本持ってぞろぞろと皆の後をついて峠コースを散策に出かける。
ブナも芽吹きだし、タムシバの白と目に爽やかな色合いで春~を感じさせてくれます。
道の脇ではイワウチワの可憐なピンクの花がお出迎え。

イワウチワ

まだ近くの山の斜面にはヤマザクラも花を付けています。




武周ヶ池に着くとまだ半分以上残雪に覆われていました。
雪の上を一周して池を眺めた後、池の奥を少し登ると鉄塔のある高みに出ます。

ここからは日野山も見えます。
帰りはゆっくり写真を撮りながら小屋に戻って、まだ早い時間なのにランチタイムが始まります。

マンサクの花は目立たず可憐だけど春一番の花ですね。



ミヤマシキミ?
クロモジ


ダンコウバイ
皆さんは杣山荘のお風呂に入って帰るとのこと、私は家に直行。
今年はあまり参加出来ないのではと思うが、気持ちだけは持ち続けていましょう。