2016年6月5日日曜日

三方岩岳~野谷荘司山

2016年6月5日 三方岩岳(1.736M)~野谷荘司山(1.797.3M)  石川県
    晴れのち曇り  2名

梅雨入り前としては乾燥したスッキリした日が続いていたが、今日くらいから雲が多くなるそう。珍しく腰を上げた主人が行くと言うので、今日から全線開通する白山・白川郷ホワイトロードに行って見ようと言う事になりました。
出来る事ならもっと早く福井を出たいとこですが、夜型の主人にはやっとのことで、7時過ぎにスタート。途中いろいろあって、登山口のある三方岩駐車場には10時前にやっと到着。通行料金は去年から半額になったと言う事で1.600円。
今日開通と言う事からかテレビ局のカメラが2〜3台、駐車場奥には雪の山がシートをかけられて保存中?何に使うのだろ? 

10時過ぎに登山開始、9年前に秋に来て以来久しぶりです。
左手に笈ヶ岳と大笠山を眺めながら行くと、ヒノキの幹が蛇のように曲がりくねって頑張っています。樹齢はどれくらいなんだろう・・・すごいなあ。 木々の間からピンク色が・・・まだシャクナゲが残っていました。今年は山に見に行けなかったので、有難う!という気持ち。


のんびり、ゆっくり時間をかけてやっと三方岩岳に着きました。
ここから見る白山は福井から見るのと全く逆のお姿。こちらの方が残雪が多いですね。


おおかたの方々はここで引き返す様子ですが、主人にはもう少し頑張ってもらいましょう。道の両脇には春から初夏の花が沢山咲いてくれています。
コイワカガミ、オウレン、マイズルソウ、ゴゼンタチバナ、ツマトリソウ、オオバキスミレ、それにツバメオモト。



サラサドウダン

アップダウンが続きます。岐阜県側にかけてがれた所が多く要注意。
    飛騨岩

晴れてたら北アルプスもハッキリ見えるのだろうが、わずかに残雪を抱いた姿が雲の間から見える程度。かっと照りつける日差しが無くて汗もあまり出ず、時々谷から上がる風は心地良いのですが、野谷荘司の少し手前でお昼になってしまいました。
わずかに腰を降ろせる場所を見つけてランチタイムとしました。
ウグイスの鳴き声だけの静かな静かな時間が流れていました。
あと少し頑張ってもらえば目的地ですが、ビールを飲んでしまった主人はもうここでいいと・・・

       あと少し
それで私だけ急いで往復、ただの通過点のような山頂ですから無理して来なくてもいいかも。
もうせん平まで行くといいのですが、今日はここで終了しましょ。


急いで追いついて下山、帰りも同じくらい時間がかかりますね。
三方岩岳に着くとまだ登ってきた方が休んでいました。


谷を見下ろすとダケカンバの新緑が目に優しく、下に向かって色が濃くなる緑のグラデェーションが見て取れます。
頑張りましたね。

あとは下るのみ、駐車場に着くとさすが車も減っていました。
帰りは瀬女の道の駅で買い物して、加賀棒茶ソフトを食べてみました。
ほんのり棒茶の香りがしてとても美味しかったです。
お疲れ様でした。